モトローラのMoto g8 PlusをQPIS30.28-Q3-28-26-4-1-3にアップデートしたときのメモ

2021年6月1日スマートフォンAhamo, MOTOROLA, アップデート, スマートフォン

モトローラのMoto g8 Plusに「QPIS30.28-Q3-28-26-4-1-3」の配信通知が来たのでアップデートを実施したときのメモです。(今回は本当にメモレベルです)

スポンサーリンク

目的

モトローラのMoto g8 Plusを「QPIS30.28-Q3-28-26-4-1-3」に手動でアップデートします。
アップデート後にドコモのアハモを問題なく利用できることを確認します。

結論としてはアップデート後に問題なくドコモのアハモが利用できました。

機器の情報

今回登場する機器の型番やバージョンは次の通りです。

■モトローラ Moto g8 Plus
  バージョン:Android 10
  アップデート前 ビルド番号:QPI30.28-Q3-28-26-4-1
  アップデート後 ビルド番号:QPIS30.28-Q3-28-26-4-1-3

Moto g8 Plusのアップデート(QPIS30.28-Q3-28-26-4-1-3)

スマートアップデート機能を無効しているため、システムアップデートの項目からアップデートを行います。
アップデート作業は30分程度の時間がかかりました。アップデート実施中も端末操作ができるのでダウンタイムは再起動中の数分です。

アップデート後の再起動が完了した後に念のためセキュリティパッチの日付を確認しました。現在の最新パッチは「2021年4月1日」のようです。

Moto g8 Plusのアップデート(GooglePlayシステムアップデート)

GooglePlayシステムアップデートはMoto g8 Plus購入後の連続アップデートの際、最新パッチである「2021年4月1日」まで適用済みでした。
念のため更新の確認を行ったところ更新はありませんでしたので、このまま作業終了とします。

まとめ

Moto g8 Plusの「QPI30.28-Q3-28-26-4-1」から「QPIS30.28-Q3-28-26-4-1-3」のアップデートは問題なく完了しました。
先日実施した連続アップデートの際に凡そ2ヶ月単位でシステムアップデートが入ることを認識していたので、本格的に利用開始するのを数日待てば良かったと反省しています。

Moto g8 PlusはAndroid One と Android Enterprise Recommendedの認証を取得してないのでシステムアップデートには期待はしていませんでしたが、過去の履歴から2ヶ月単位でシステムアップデートが入っていたことが確認でき、比較的安心して利用することができると思いました。

関連情報

本記事にて取り扱った機器や関連する機器のAmazonリンクを掲載します。
各商品ページのレビューには有用な情報が掲載されていることもありますので、宜しければご確認ください。

以上。